音楽専門eラーニング教材販売サイト

ブログ > 作曲関連 > カラオケ上手は聞き上手

ニュース&トピックス

カラオケ上手は聞き上手

歌のレッスンをしていると、しばしば

「え!こんな単純な事が原因で、音が外れてたんだ!」と、生徒さんも先生も一緒にびっくりする事があります。

 

その一つが

「元の歌を、ちゃんと覚えていない」 ということ。

 

カラオケに行くと、そこに「ガイドメロディー」が入っているのをご存知ですか?

この「ガイドメロディー」は、元の歌手の方が歌っているのを聞いて、カラオケボックスに入っているカラオケを作っている人(つまり人間)が、一音一音手で入力していいます。

 

なので、よくよく聞くと、元の歌と「??ちょっと違うぞ」というものもありますww

でも、それを仕事としている方達の技なので、かなり正確にガイドメロディーを制作していると考えるのが、正しいでしょう。

 

さて実は「カラオケが苦手!」という方は、このガイドメロディーを、正しく聞いていない場合がとてもおおい!

このガイドメロディーは、機械の中で音量をあげる事ができます。

少し伴奏の音量を下げ、逆にガイドメロディーの音量をあげてみて下さい。とても音がとりやすくなって歌言いやすくなります。

そして、何度も同じ歌を繰り返し歌う事で「次は歌う音の高さ」を、徐々に体で理解して行く事ができます。

 

「あ!なんかわかってきた」って思ったところで、

通常のガイドメロディーの音量に戻して、今度はバックの演奏をたよりに歌ってみるようにすると、音程は改善されます。

 

そんなちょっとした工夫が、歌をうまくするんですね。

詳しくは「カラオケ歌うま一発!練習法」 をごらん下さい。

 


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes